VAPEはタバコを吸っている感じがします

喫煙家にとって、辛い時代になっています。嫌煙家が多くなり、いつも隅っこに追いやられる人生になってしまいました。時にはウサギ小屋みたいな喫煙室に閉じ込められ、禁煙家から哀れみの目で見られることもあると言われます。そんな喫煙家に朗報と言えるのが、電子タバコVAPEの登場です。電子タバコと言うことで、本当の煙を出す訳ではありません。害になる煙の代わりに、害のない水蒸気を出すことになります。健康に悪い訳ではありませんので、堂々と吸うことが出来ることになります。このVAPEには、いろいろな味が用意されています。リキッドを変えることで、味に変化が出来、楽しみも増えることになります。甘い味からスッキリとした味まで、いろいろ用意されています。そして一番嬉しいことは、タバコを我慢している気持ちにならないことでしょう。

VAPE愛好家が使うMODについて

リキッド(液体)を電気で加熱することで水蒸気を発生させるのがVAPEの仕組みですが、加熱する熱量を変化させることで、発生する水蒸気の量を変化させることができます。水蒸気が少なすぎると風味も薄くなりますし、何より「吸っている」という感覚が得られません。熱量を上昇させていくと、煙の量が増えていきますが、煙が多過ぎると風味が飛んでしまいます。水蒸気ですから、紙と葉を燃やした「けむさ」はまったくありませんが、風味のしない煙を吸っても意味がありません。煙の量を調節すると、感じられる味が変化することから、「熱量の調節」は、愛好家にとって重要です。MOD(モッド)とは、電圧を変化させることができる機種全般を指します。このなかでも、メカニカルMODは、大きな熱量を発生できますが、リキッドが無い状態においては、高熱量で空だきになり、VAPEの破損につながります。初心者のうちは、熱量を調節できないタイプを利用し、コイルを交換することで煙の量を調節すると良いでしょう。

VAPEのマナーについて

海外の空港には、VAPEルームと書かれた待合室があり、愛好家が集まって吸っていますが、日本では、まだ十分に知れ渡っていると言えない状況ですから、「タバコを吸っている」と誤解されても仕方がありません。リキッドは、一般的に他者に不快感を与えるような香りは少ないですが、バニラなどは、常習的に吸うと甘い匂いが部屋や衣服につきます。女性の香水が良くてVAPEは駄目と言うのは、おかしな話ではありますが、マナーを守っていくことで市民権を得られます。副流煙の害は、まったく認められませんので安心して良いものの、「タバコを極端に嫌がる方」は、VAPEにも拒否反応を示すでしょう。事実、科学的な調査によって安全性が認められるまで、嫌煙家から無根拠な批判・非難を受け続けてきました。誤解を解く必要はありますが、マナーをきちんと守ることが先です。特に「爆煙」は、知らない方には怪しすぎる光景に映りますので、場をわきまえる必要があります。